56048 normal 1484152735 l seminar first

iPhoneアプリ開発講座:Swiftビギナーズハンズオンセミナー 2日目(全2日) #swiftbg

2017-01-22(日)10:20 - 20:00


4人の参加者 mon ohtsuchi Satoko Negoro + 1人の参加者
前払い:2日目 4講座 6時間30分
8,000円 前払い
申込締切 1月20日 21:00
前払い:2日目 4講座 6時間30分
12,000円 前払い
受付終了
前払い:1日目、2日目一括申し込み 7講座 (導入講座込)
無料
受付終了
※2日間一括申し込みでは、1日目で2日間分のお支払いを行います。
申し込む
あと16人参加できます。

📢 iOSアプリを作ってみたい、すべての初心者が、体験しながら学べるハンズオンセミナーです!

まずは体験してみて、その経験を生かして学んでいく講座です(^^)。
難しいプログラミング文法の説明は最小限にまとめ、多くのサンプルアプリの開発を体験してもらうことで、最短距離でアプリ開発の「勘所」がつかめます。

このセミナーの特徴は、初心者の方が独学で学習して数ヶ月かかることを数日で習得してもらうことです。学習において、もっとも時間のかかる入門から初級スキルまでの学習時間を劇的に短縮することができます。

👍 この講座で、あなたは使う人から「作る人」に変わる!

  • アプリを作っていけるという自信とキッカケを得られる。
  • 短期間で次のステップへチャンレジできるようになる。
  • 自分でアプリを作っていくための底力が養える。

🙋 こんな方にオススメの講座です!

  • プログラムを書いたことはないけれど、iPhone/iPad アプリを作ってみたい方。
  • iPhone アプリをよく利用していて、自分でも作ってみたいと思った方。
  • 中高生、大学生で iPhone アプリ開発を学んでみたい方。
  • シルバー世代や中高年の方で再学習を実施したい方。
  • 企業で入社前研修や企業導入研修での教材を検討している方。

そんな iOS アプリを作ってみたい、すべての初心者が対象です。

🔰本セミナーには初心者の方が安心して学習できるように工夫が施されています。

  • 講師は、「これからつくるiPhoneアプリ開発入門」の著者陣と、iOSアプリ開発のエキスパートが担当します。
  • 講師以外にも、iOSアプリのエキスパートが進行をサポートしてくれます。
  • 講座終了後に、質問をしていただける時間を設けています。

このセミナーは、プログラミングの文法説明は最小限にして、iPhone/iPad アプリを作って動かしていくことを目的として構成しています。
プログラミング文法書のように文法を理解し、覚えるのではなく、どんどんアプリを作って体験していことに比重を置いています。
プログラミングがはじめての人でもiOSアプリが作れるという体験ができるように工夫しています。

🙌セミナー受講者の声(前年度開催時)

わからなくも、とりあえず作っていくのは良いです!!あとで復習するのがよいかも。最初の講座としてこの講座はよい!(男性 会社員)

最初に完成アプリを説明してもらうと目標が明確になってよかったです!最初に完成したアプリを動かすのがよいですね!(女性 専業主婦)

ハンズオンのテンポが良かった!ハンズオンが分かりやすかった。(男性 大学生)

講師の人の声に合わせて復唱したり、なんども同じ操作を訓練したりと、ハンズオンならでは気配りがとてもよかったです!(女性 WEBデザイナー)

📖 本セミナーの採用書籍

「これからつくるiPhoneアプリ開発入門(Swift3.0 + Xcode8対応)」を教材としてハンズオンセミナーを開催いたします。
この書籍は、「iOSアプリを作ってみたい、すべての初心者が、体験しながら学べる入門書」です。

セミナー講師陣が執筆した書籍

本書では、アプリを作り・動かすという成功体験を書籍内で繰り返し、その都度必要なSwift文法を「体で」覚えるというスタイルです。これからiOSアプリを開発される方のために、セミナー講師陣が思いを込めて執筆しています。

Amazonや各書店で高評価の書籍

本書は、出版直後からAmazonランキング1位(カテゴリ別)を獲得し、今もなお高い評価を得ている書籍です。
Amazon

本書へ寄せられているコメントAmazon書籍コメントより引用

Swiftの入門書として最高の参考書だと思います。
これまでプログラミングというものに全く触れてこなかった人でも、xcodeというエディタ、Swiftという言語がどのようなものなのかを十分に理解出来るはずです。

この参考書を一冊目に学習を始めることで、今後の自信やモチベーションにもつながるような内容でした。
初めて Swift で開発される方にはぜひお勧めしたいです。

書籍の購入について

書籍は、当日に購入することもできます。書籍代は、2890円(税込)となります。
購入希望の方は、セミナー申込時のフォームで選択して頂くか、直接に 問い合わせフォーム よりご連絡ください。

🖥 本講座は、次の環境のご準備をお願いします(^^)。

  • OS X El Capitan または Mac OS Sierra
  • Xcode 8.0 以上
  • iOS10.0 以上

OSやXcodeのインストールやアップデートには時間がかかりますので、自宅で必ず作業を行ってきてください。

まだ、書籍を購入されていない方は、公式サポートサイトの「本書の試し読み(立ち読み)」の項で、書籍の一部が無料公開されています。書籍の「1日目 Lesson 2 アプリ開発の環境を整えて、Xcodeの使い方を学ぼう」をご参照して頂きXcode等のインストールを行ってください。

Xcodeの簡単な操作説明は、本セミナーの導入講座(60分)で行います 💪

🕐 ハンズオンの流れ 2日目

※ ハンズオン1日目は、こちらのページ をご参照ください。

10:20-10:30 ハンズオンセミナーの説明と講師紹介(10分)

セミナーに集中できるように、諸注意やセミナーの進行を説明します。また、担当講師や技術サポートの方の紹介も行います。
参加者の方同士でアイスブレイク(会話する時間)も数分設けますので、名刺のご準備をお願いします。

10:30-12:00 「2日目 Lesson1 タイマーアプリを作ろう 〜画面遷移とデータの保持について学ぶ〜」(90分)

ここでは、画面遷移の方法を学びます。タイマー画面と設定画面の2つの画面がある、タイマーアプリを作ります。タイマー画面で秒数のカウントダウンを行い、設定画面でタイマーの秒数を選ぶことができます。

13:00-14:30 「2日目 Lesson2 SNS投稿ができるカメラアプリを作ろう 〜前半〜」(90分)

カメラを利用することができる「UIImagePickerController」と、カメラロールに保存したりSNS投稿ができる「UIActivityViewController」を利用して、カメラアプリを開発していきます。画面のレイアウトを設定するAutoLayoutの機能や、UIパーツとプログラムを関連付けする方法も学んでいきましょう。

15:00-16:30 「2日目 Lesson3 SNS投稿ができるカメラアプリを作ろう 〜後半〜」(90分)

カメラアプリには、エフェクト機能が定番機能になっていることが多いです。エフェクト機能を利用できる「Core Image」を利用して開発していきます。また、画面遷移を実現する「Segue」の応用として、画面遷移するときに情報を渡すことを学びます。

17:00-18:30 「2日目 Lesson4 お菓子検索アプリを作ろう 〜Web API とJSONの使い方を学ぶ〜」(90分)

ネットからお菓子の情報を「JSON」形式で取得し、iPhoneに表示してみましょう。ここでは、インターネットのデータを有効活用するために、WebAPIとJSONについて学んでいきます。そして、取得したデータをTable Viewを使って、リストで表示します。

19:00-20:00 質疑応答

ハンズオンセミナーでは、講座の担当講師以外の、著者陣または、iOS開発エキスパートのメンターの方がサポートしますが、この質疑応答の時間でも、疑問に思う所・分からなかった点を徹底的に質問してください👂🏻

🤓 講師紹介

藤 治仁(ふじ はるひと)

自己紹介:オリンパスソフトウェアテクノロジー株式会社にてカメラファームウェアの開発に従事。カメラファームウェア開発以外にも、OLYMPUS AIR A01の製品開発ではスマートフォン(iOS/Android)向けSDK(ソフトウェア開発キット)、Olympus CameraKitの開発を担当。自らもOlympus CameraKitを活用したiOSカメラアプリを開発。
Facebook:https://www.facebook.com/haruhito.fuji
Twitter:https://twitter.com/From_F
Webサイト(ブログ):みんカラ ブログ

小林 加奈子(こばやし かなこ)

2011年から、TickleCodeという屋号で、システム開発やITイベントの開催、セミナーの講師を行っている。Swiftビギナーズ倶楽部、Ruby / Rails ビギナーズ倶楽部を主宰。
Facebook:https://www.facebook.com/taichi.kanako
Twitter:https://twitter.com/mustacheyork
Webサイト(ブログ):TickleCode
Swiftビギナーズ倶楽部:https://swift-beginners.doorkeeper.jp
Ruby / Rails ビギナーズ倶楽部:https://coedo-rails.doorkeeper.jp

小林 由憲(こばやし よしのり)

16 年間、生産管理システムのエンジニアとして従事。2011年からTickleCodeという屋号でJavaScript、WordPressでのWebサイト制作を行う。WordPressもくもく倶楽部、Swiftビギナーズ倶楽部など、多数の勉強会・セミナーの開催を行い、自らもスピーカーや講師を行っている。焼き鳥が好きなので焼き鳥店を取材してWebサイトへ掲載している。
Facebook:https://www.facebook.com/Yoshinori.Koba
Twitter:https://twitter.com/yoshiii514
Webサイト(ブログ):In Advance Only
Webサイト(ブログ):東京で現在地近くの焼き鳥を検索!【I Love Yakitori!】

佐藤 剛士(さとう たけし)

「Personal Factory」という屋号でフリーランスとして働く。iOSエンジニア。アプリ設計、UIデザイン、開発を通して、よりよいアプリの作成を目指す。
2011年から2014年独立系のSIerにて保守運用業務。その後2016年有限会社カイカイにてプロダクト企画、iOSアプリの開発、Web開発に携わった。
毎週iOSエンジニアのための朝活Swiftプログラミング勉強会を2015年から運営。
Facebook:https://www.facebook.com/takeshi.sato.5203
beezプログラミング勉強会:https://www.facebook.com/groups/407821455988195/
Twitter:https://twitter.com/hatakenokakashi
Webサイト:http://blog.personal-factory.com/

技術サポート(メンター)

田中 幸一(たなか こういち)
自己紹介:appArray inc.で英語学習アプリ開発をしています!
Facebook:https://www.facebook.com/tanaka.kouich

Twitter:https://twitter.com/tikidunpon

Github:https://github.com/tikidunpon
Qiita: http://qiita.com/tikidunponpon

◆ハンズオンセミナーは2日間開催します!

1日目、2日目と申し込みページ2つありますのでご注意ください。

👉 iPhoneアプリ開発講座:ハンズオンセミナー 1日目 1/21(土)開催分の申し込みページ
👉 iPhoneアプリ開発講座:ハンズオンセミナー 2日目 1/22(日)開催分の申し込みページ

1日目、2日目一括申し込みについて

一括申し込みでは、1日目で2日間分の支払いが行われます。
2日目の申し込みページへの参加は、運営側で行いますので、1日目のチケット「前払い:1日目、2日目一括申し込み 7講座 (導入講座込)」をご購入ください。

◆よくある質問と回答

  • Q.当日払い(会場支払い)チケットは発売されますか?
    • A.完売の場合は、当日チケットは発売されません。当日チケットは開催間近になって発売されます。当日チケットは、前払いチケットよりも金額が高くなるため、受講の方は前払いチケットでお申込みください。
  • Q.チケットの決済方法を教えてください。
    • A.イベントページでは、クレジットカードでのお支払とPayPalでのお支払が行えます。
  • Q.銀行振込で決済はできますか?
    • A.はい、おこなえます。銀行振込で決済を希望される方は、事務局メール:info@ticklecode.comにご連絡ください。請求書を発行後に、振込をお願いします。振込手数料はご負担願います。
  • Q.前払いチケットで購入して、開催までにキャンセルできますか?
    • A.前払いは、購入後のキャンセルを行なうことができません。予定がはっきりしない場合は、一旦、当日払チケットで申し込みください。
  • Q.領収書は発行できますか?
    • A.発行できます。申込時のフォームで領収書の宛名を入力して頂けると、当日にお渡しできます。
  • Q.経費精算のため、事前に見積書が必要です。発行できますか?
    • A.発行できます。見積書の発行依頼と記載する宛名を、事務局メール:info@ticklecode.com へご連絡ください。その際に、電子送付可・郵送希望も教えてください。見積書は発行元が「TickleCode」という社名になります。

🏢セミナーの開催場所

〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア13階
※1F オフィスエントランスのエレベーターホールEast(LAWSON側)より、「E2」エレベーターで13階までお越し下さい。

🚋 最寄り駅

・東京メトロ副都心線都営大江戸線「東新宿駅」A3 出口直結
・東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿3丁目駅」E1出口徒歩6分

その他

  • 参加ご希望の方は、かならず事前登録の上ご来場下さい。
  • Wifiや電源は完備しています。

📪 お問い合わせ

セミナーについてのご質問は運営事務局までご連絡ください。

運営事務局
TickleCode 小林 由憲(こばやし よしのり)
TEL:090-1325-8463
Mail: info@ticklecode.com
Facebook: https://www.facebook.com/Yoshinori.Koba
Twitter: https://twitter.com/yoshiii514